その他料理

【フライパンひとつで簡単】パスタ別茹でなし!さくら海老&ホタテのパスタ

自家製レトルト作り置き料理家 真空シーラー狂の小平文(AYA)です。
今日は春らしいパスタをご紹介します。

俗にいう「ワンパンパスタ」馬鹿にしていました。
茹でるのは別のほうがいいでしょ!って思いこんでただけ。

たまたま雑誌のレシピ開発でなるべく簡単レシピにしてほしいという要望で、ワンパンパスタをやってたことがきっかけでした。

「やだ、楽ちんでおいしいじゃん!」それ以来、パスタはほぼワンパンパスタですwなんでもやってみないとダメですね!

ただ!私なりのこだわりがありまして、よく言われている全部入れてパスタも一緒に煮るだけっていうのはしません。

具材によって、投入するタイミングを変えてベストな火通りにするのがポイントです。
素材によっては半分出汁を取るために初めから入れるものと、一部取り出すものとさまざまです。

――材料――

材料 (2人分)
パスタ:160g
水:800mL
塩:小さじ1/2
オリーブオイル:大さじ2
みじん切りニンニク:小さじ1/2
冷凍ホタテ:50g
さくら海老:100g
小松菜の茎:1束分

――作り方――

①フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れ、弱火でいためて香りを出す。
②小松菜の茎、ホタテとさくら海老を加えて、炒め、8割くらい火が通ったら具をお皿に取り出す。
③パスタをフライパンに入るように半分に折って入れ、水、塩を加えて強火で煮る。
④パスタが柔らかくなるまではくっつかないように混ぜると◎
⑤沸騰したら中火にしてパスタを茹で、水分が半分くらいになったらめんのかたさを確認し、硬いようなら水を足して1分ほど追加で茹でる。
⑥アルデンテよりも固めくらいになったら、強火にして水分を飛ばしながら炒め、最後に取り置いてあった具を戻して皿に盛り付ける。
⑦好みで追加のオリーブオイルをかけてくださいね。

 

 

 

ポイント

彩のために加えた小松菜の茎。
こんな感じに茎の部分だけを刻んで八方地(めんつゆの薄いやつ)につけて冷凍保存しています。
レシピでは生の小松菜を使う工程を書いています。

葉の部分はおひたしとしておいしく食べるのですが、茎の部分は、味噌汁やお吸い物、混ぜご飯などに使い勝手が良いので別にしています。

新着レシピ

  1. 白だしで簡単『ブリのおろし和え』照り焼きに飽きたらぜひやって!

  2. 【レンジで簡単】あさり入りボロネーゼ(永谷園 パキット使用)

  3. 豆腐ダレで食べる豚白菜ミルフィーユ

最近の記事

  1. LDK2024年6月号『冷凍保存ずかん』監修

  2. 取材:日経woman2024年5月号

  3. YouTubeゲスト出演 3動画